avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

どうも(=゜ω゜)ノ
先日母と『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』の試写会にいってきました。

あらすじ(公式サイトより)

最愛の父を失った悲しみから逃れられない少年オスカーは、
父が遺した一本の鍵にメッセージが込められていると信じ、ニューヨーク中の鍵穴を探す旅に出る──
大切な人を失った悲しみ──誰にでもいつか必ず訪れるそのことに、
人はあまりにも無防備だ。覚悟した別れでも受け入れがたいのに、ましてそれが突然で理不尽な別離だとしたら──。

オスカーと父は、親子であると同時に親友だった。
父は少しばかり繊細で生きることに不器用なオスカーを、その個性を壊さずに導いてくれる頼もしい師でもあった。
そんな二人を優しく見守る母。ところが──9.11が最愛の父を奪ってしまう。
オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。
鍵の入っていた封筒に書かれた文字に従い、ニューヨーク中の“ブラック氏”を訪ね歩くオスカー。
やがて謎の老人が同行者となり、いつしかオスカーの辿った軌跡は、
人と人をつなぐ大きく温かい輪になっていく。ついにオスカーは、鍵の真実とめぐり会うのだが──。



トム・ハンクスが父親、サンドラ・ブロックが母親で、
主人公のオスカー少年はなんとこの映画が演技ほぼ初らしい。

以下、感想。

時間は2時間位で長めだったんだけれど、飽きずに観ることができた。

どうやらオスカー少年はアスペルガーの疑いがあるみたいで、
人付き合いが苦手、父親はそれを克服させるためなのか、オスカーに町のいろんなことを調査させて、
人々と触れ合う機会をもたせてるみたいだった。

オスカーはとても頭のいい子なんだなー。
でもなんかやっぱり普通の子どもとは違う感じ。

9.11で父親が無くなってから、彼が鍵の真実を探し始めて、
いろんなところでいろんな人と会って、だんだん成長していって、
おばあちゃんのところの間借り人の老人とうちとけて、一緒に探しに行く間に、
乗れなかった地下鉄(9.11の影響で公共交通機関は狙われるから怖いみたい)にも乗れるようになった。
すごいなーと思う。すごく怖いだろうにね。

母親に冷たい態度をとったりしていたけど、ほんとはすごく大好きなんだろうな。

鍵を探している間も、いろんなブラック氏が彼を暖かく迎え入れてくれたり、
話を聞いてくれたりしてるんだけど、
なんでそんなにあっさり受け入れてくれてるんだろうな?と思ってたら、
それには理由があったのね。
そのシーンがすごくよかったです。

あとは最後の鍵の真実を見つけたところの彼の反応。

とにかくオスカーの役の子が初めての演技だとは思えないほどよかった。
もちろん、父親、母親そして老人役の人たちもすごくよかった。

久々に試写会で他人にオススメしてもいいなって思う映画でした。

Theme: 映画感想 | Genre: 映画

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。