avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージカル「エリザベート」。

アルザビでビシージが始まったみたいなので、
行こうとしたら落とされたはらみです。こんばんは。

今日は日生劇場で「エリザベート」というミュージカルを観にいってきました。

「電車男」を観に行って以来、
すっかり武田真治のファンとなった母と一緒です。

本格的なミュージカルは小さいときに行った、劇団四季のキャッツ以来でした。

ちょっと昨日書いたのがあまりにも感想っぽくなってなかったので、
書き直し(/ω\)ハズカシーィ

以下、ネタバレありかも!?
エリザベート役は一路真輝さん、
トートはダブルキャストで山口祐一郎さんと武田真治さん。

もちろん武田さんが出る回を観に行ってきました。

武田さんミュージカル初出演だそうです。
それでいて、大役ですよ!すごいなぁー。


内容はこんな感じ?

オーストリアの皇帝フランツ、そしてその皇后エリザベートとハプスグルク家の破滅を描いた作品。
エリザベートは死をを愛し、死もまた彼女を愛した・・・。


舞台の感想です。

ミュージカルなんてほんと久々なので、最初は台詞が聞き取れず焦りました。
最後までこの調子だったらどうしようと。

すぐに耳が慣れ、ついて行けるようになりました。

みなさんすごく歌が上手で、聞き惚れていましたよ。
これで・・・武田さん大丈夫かなぁと少し心配になりましたが・・・


武田さんの歌声、すごくよかったです。
セクシーで、それでいて男らしくて。

衣装もなんかその細さを際立たせるようなスケスケ・ピチピチ感のある衣装で、
これまたセクシー(*´д`*)

舞台に武田さんが現れたら、武田さんに釘付けです。

動きもくねくねなんだか色っぽい。

ただ・・・・ただ・・・・・・


武田さんちっさいよ!(つД`)


すごい厚底ブーツ履いてましたけど、一路さんとぎりぎり並ぶぐらい。

もう一人のトート役、山口さんは実際に見たことはありませんが、
背が高くがっしりした感じの方なので、
同じトートでも二人まったく違った感じになるんではないでしょうか?
山口さんのトートもみてみたいですなー。


出てくるたんびに、ちっさいわぁーかわいいわぁーとずっと眺めていましたが、
母は、ちっさいから?嶋政宏さんのやってた役と交換すればいいのにと申しておりました。


ミュージカルはいいですねー、とても面白かったです。
3時間ぐらいの舞台でしたが、ちっとも苦じゃなかった。

ほかの役者さんたちもすごく素敵でした。

一路さんがまたすごく素敵。
少女の頃のエリザベートと晩年の彼女の雰囲気の違いや
姿勢、表情、歌とどれをとってもすばらしかったです。

高嶋さんも、初めて彼の舞台というものを見たんですが
かっこいいですねー。
ちょっとはじけてて面白かった!
たまーに台詞聞きづらいときがありましたけど・・。

ストーリー展開がちょっとはやくて、しかも歴史よくわかってないので
難しかったですが・・・。
それでも観に行ってよかった〜

もう一回武田さんのと、そして山口さんのを見てみたいです。
ほんとよかった!

ますます武田さん好きになりました(/ω\)

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。