avatar image

贋作・罪と罰。

1/25水曜日、NODA・MAP「贋作・罪と罰」観て来ました。

詳しくは野田地図で。

母と私は野田さんがとても好きなので、
今回もまた観に行ってしまいました。

主演は松たか子さん。


志のためならば、人を殺してもいいのか


このことがメインのテーマだったような気がします。


以下、内容について・・・ネタバレあり?
「罪と罰」自体、全然読んだことが無く何の知識もなしで観に行ってきました。

座席は、いつもは舞台の所。

今回の舞台は 客席にはさまれた真ん中です。

席によって受け取り方、見え方が大きく違うんじゃないかと思います。

私達の席は一番前でした。
役者さんが目の前を動き回り、表情の細部まで見えてとてもよかったです。

ほとばしる汗とかなんかがかかる可能性もありますが・・・。

相手役の才谷は古田新太さん。
やっぱり古田さんは存在感が違います。

後は段田さんがよかったです。
渋くて素敵でした。
宇梶さんは特殊メイクで顔が半分見えない役でしたが、
やはり、身長もあって映える方だなぁと思いました。

野田さん・・・。
野田さんはいつも通り。
元気いっぱいでした。

内容なんですが、
幕末の大政奉還ら辺のお話でした。
幕末は大好きなので、とても面白く見ることができましたが、
私のイメージしている幕末とは少し違うかなと、思いました。

他の方の感想などを見ると、学生運動と被せているって言うことが
かかれていたりもしましたが、
私自身学生運動というものをよく知らないので、
そのへんはよくわかりませんでした。

松さんは、あんまり好きじゃなかったのですが、
すごい熱演を目の当たりにして、ちょっとだけ好きになりました。
迫真の演技でした。

最後の方で号泣するシーンがあったのですが、
一番前だったので、松さん鼻水までたらしながら号泣しているのがよく見えました。

すごいです。ほんと、演技であそこまで泣くことができるのを
尊敬しました。

休憩なしの2時間ぐらいの舞台でしたが、長く感じることも無く、
大変面白かったです。

やはり、野田さんの舞台は好きだなぁと思いました。

罪と罰はこれが再演だそうなので、初演のほうも見ることができたら
観てみたいなと思います。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback